FC2ブログ

Flyfishing & Photo Blog



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

2018/3/14 観梅 三重・鈴鹿の森庭園しだれ梅まつり 

1_201803182132211d5.jpg
昨年は京都の城南宮にしだれ梅を撮影に行きましたが、今年は神社に足を踏み入れることはできないので他に何処かないかと思いついたのが三重県の「鈴鹿の森庭園」でした。
丁度見頃で仕事も休み。しばらくまともに撮影にも行けてなかったので、急遽バッテリーを充電し鈴鹿へ向かいました。


2_2018031821322474e.jpg
入園すると「天の龍」と名付けられた立派な枝垂れ梅が目に飛び込んで来ます。
通路を挟んだ向かいにはトップ画像の「地の龍」が植えられています。
この2本は「呉服(くれは)しだれ」という品種で日本最古(と思われる)の呉服しだれらしいです。



3_20180318213224e8d.jpg
道の両脇のしだれ梅も見事ですね〜。まさに見頃 (´∀`)
ちなみに道の右の島を「亀島」、左の島は「鶴島」と名付けられておりました。


4_20180318213225d37.jpg
ぱっと見桜のように見えますが、桜より色味があって綺麗です。


5_20180318213226b10.jpg
より赤い梅の花は「鹿児島紅」。
この庭園では呉服しだれをメインに数種類の梅が200本以上植えられているとのことです。


6_20180318213228692.jpg
開園は9時。開園後しばらくは人も少なめです。


7_20180318213230d97.jpg
天気は快晴。背景には鈴鹿山脈。ロケーション最高です (´∀`)
右に見える白い梅の木は「左近の白梅」と名付けられていました。
そしてこの島は「蓬莱山」と名付けられております。
「亀島」「鶴島」「蓬莱山」、お寺の庭園と同じく極楽浄土を表現した庭園ということなんですね。


8_201803182132310af.jpg
ひときわ立派で目に留まる「臥龍梅」と名付けられたしだれ梅。下からあおり気味に撮ると迫力出ます。


9_20180318213233395.jpg
春らしく。


10_20180318213234f52.jpg
快適に撮影できたのは最初の1時間だけ。
日差しも強くなり、暖かいを通り越して暑くなってきたので、上着を一枚脱ぎました。


11_20180318213235a64.jpg



12_20180318213237c32.jpg
地面に置かれている竹組みはライトを隠すためのもの。
そう、ここは夜間ライトアップも実施されているのです。


13_2018031821323931f.jpg
砂利にお寺の枯山水のような砂紋がつけられています。
川の流れを表現しているのでしょうか。


14_201803182132414af.jpg
時間は12時。少し汗ばむ暑さの中、我ながら3時間も良く頑張ったと思います。
お腹も空いたし、そろそろ出ることにしました。


15_201803182132450c9.jpg
多重露光で春らしく撮影。
梅以外にも数は少ないですが桜も植えられていました。タイミングが良ければ梅と桜のコラボも見ることができるかもしれませんね。
まさに見頃の鈴鹿の森庭園でしたが、もう少し遅く訪れると「散り梅」も楽しめるかもしれません。
次回はライトアップです。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minamkawachi.blog27.fc2.com/tb.php/337-3db9b789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。