Flyfishing & Photo Blog



2017/12/11 京都・嵐山花灯路 

1_2018012321051988c.jpg
嵐山花灯路は12/8〜17日の10日間嵐山界隈で開催されるライトアップイベント。
イベンントエリアはかなり広く一度の訪問では回りきれないぐらいで、エリア内の路地や寺社、公園などで様々なライトアップを楽しめます。
観光駐車場に車を駐めて、まずは渡月橋へ向かいました。


2_201801232105210c9.jpg
渡月橋を渡った先の公園ではこんな手作りの照明も展示されてました。


3_20180123210521c23.jpg
渡月橋のライトアップ。
橋の下を流れるのは桂川ですが、昨年と比べると水が少ないです。


4_201801232105239e3.jpg
こちらは2016年に訪れた時の写真ですが、水量が全然違います。
水量が多いので光が反射して綺麗です。
ちなみに2016年の嵐山花灯路は記事にしてませんでした。


5_201801232105246cd.jpg
桂川沿いを上流に行きます。
ここは水鏡が綺麗なのですが、この日は風が強くて水鏡になりませんでした。残念。


6_2018012321052625a.jpg
昨年は大河内山荘でほとんど時間を潰してしまったので、今年は大河内山荘には入らず常寂光寺へ入りました。


7_20180123210527deb.jpg
紅葉で有名な常寂光寺ですが葉は散ってちょっと寂しい感じ。
門の奥にライトアップされた階段が見えます。


8_20180123210529a48.jpg
葉は散っているとはいえライトアップされると綺麗です。
人も少なく静か。


9_2018012321053018b.jpg
階段を登ってみました。


10_20180123210532f63.jpg
奥では竹林がライトアップされていました。


11_201801232105335cd.jpg
鐘楼。


12_201801232105351c6.jpg
階段からの撮影ポイント。
紅葉時期はここからが撮影スポットです。
さ、常寂光寺で時間を潰しすぎると他を回れないのでそろそろ出ることにしましょう。


13_2018012321053652f.jpg
落柿舎前の広場でのライトアップ。
奥の方に見える茅葺き屋根が落柿舎です。


14_20180123210538fc5.jpg
落柿舎に来ました。
落柿舎は松尾芭蕉の弟子の向井去来という俳人の別荘らしいです。


15_201801232105396d1.jpg
庭の柿が一晩で全て落ちたから落柿舎(らくししゃ)だそうです。


16_20180123210541274.jpg
さて時間は20時を過ぎました。ちょっと早足で落柿舎から今度は嵯峨野の竹林へ向かいます。
途中小倉池を撮影。


17_20180123210542ee5.jpg
そして最も人の多いエリア、嵯峨野の竹林です。
終了時間近くなら人も少ないかと思いましたが、やっぱ多かったです(´∀`;)


18_20180123210544ffd.jpg
人が多すぎるので上を撮りました(^ ^)


19_201801232105455ea.jpg
時間は20時半。終了です。
2016年よりは多くの場所を回ることができましたが、時間に追われる感じでちょっと慌ただしかったです。
あまりいい絵も撮れなかったので、もう一度訪れたかったのですが都合が合いませんでした。
次は3月の姉妹イベント、東山花灯路かな。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minamkawachi.blog27.fc2.com/tb.php/335-3bf53728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)