Flyfishing & Photo Blog



2017/9/29 竹田城跡 

1_20171007205104dae.jpg
雲海に浮かぶ天空の城として有名な竹田城跡雲海シーズンを迎えました。
雲海の出る条件は一昨年の記事を参照していただくとして、この日も条件が揃いそうだったので撮影に行って来ました。
舞鶴若狭自動車道に入ってから所々で霧が発生しており雲海も期待できそうです。


2_20171007205106874.jpg
深夜1時、立雲峡の駐車場に到着。
星景も撮影したかったので早速登山道を登り始めます。目指すは第1展望台。
約30分の山登りですが、いや〜きついわ。


3_20171007205107aea.jpg
そして息も切れ切れ第1展望台に到着。
よっしゃぁ〜雲海出てるぞ〜。
空には天の川とカシオペア座も見えます〜。しかし竹田城跡雲海の中で見えません。


4_201710072051084ec.jpg
今シーズンは早朝ライトアップを実施しており、早朝4時〜5時半までライトアップされます。
これには色々賛否あるようで、星も撮影する人にはちょっと迷惑な演出ではあります(ハーフND使ってる人もいましたが)。
しかし雲海ライトアップのコラボは今までになかった幻想的な絵も撮れますし、私はまあ有りかな。


5_20171007205110829.jpg
太陽が昇り始め空が赤く色づいて来ました。
雲海の調子はあまり良くなく、時々途切れたり量も少な目です。チョット残念。
やはり11月が1番いいみたいです。


6_2017100720511164f.jpg
朝日が竹田城跡を照らします。
雲海も少ないし、撮影ポイントを変えることにしました。


7_2017100720511343b.jpg
立雲峡を離れ、やって来たのは藤和峠。
ここは竹田城跡を西側から眺める格好になります(立雲峡は東側から)。
到着した頃は雲海はほぼ消えてましたが。。。


8_20171007205114836.jpg
日が差すと一気に水蒸気が立ち昇り雲海となりました。
藤和峠からの眺めは重厚で幻想的。
しばらくして雲海は消えてしまったので城跡に登ることにしました。


9_20171007205116d5f.jpg
南千畳の一本松。立ち枯れてしまいこの冬に伐採予定です。
結構象徴的な木なのでなくなると寂しくなりますね。


10_20171007205117265.jpg
この日は雲も少ない快晴。
城跡には日陰が少ないので帽子は必須かな。


11_20171007205119aaa.jpg
上空をサシバが舞っていました。300F4持ってくればよかったかな?


12_201710072051201b7.jpg
三の丸虎口。


13_201710072051226fc.jpg
三の丸から竹田城下町方面を眺めます。


14_2017100720512355a.jpg
天守台から一本松方面を撮影。
枯れているとはいえ、やっぱり一本松の存在感は大きいですね。


15_20171007205125cad.jpg
虎臥城大橋。
雲の陰とのコントラストが面白かった。


16_20171007205126ce3.jpg
城跡の顔、天守台。


17_2017100720512816a.jpg
南二の丸の石積み。真ん中の大きな石が鏡石。パワースポットらしいです。
この後歩いて麓の山城の郷まで戻りました。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minamkawachi.blog27.fc2.com/tb.php/307-1fdc82da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)